悪性腫瘍だったら怖いいぼ|しっかり検査して安心しよう

笑い顔

綺麗な肌でいるために

スキンケア

綺麗に取りたい

いぼは首周りや脇の下、手や足などに気づいたら出来ているもので、原因としてウイルス性のものから体質によるものまで様々です。いぼが擦れて赤くなって痛みが起きたり、首周りなどに出来ると見た目が悪くハイネックの洋服で隠してしまったり、大きくて他に何か病気があるのではないかと気になる等で治療を考える人は多いかと思います。いぼはヒトパピローマウィルスが皮膚下に入り込むことで出来ますが、殆どは良性であり放置しても問題はありません。ですが、いぼを刺激する事でウィルスを撒き散らしてしまい新たないぼが出来てしまうので、皮膚科や美容外科等で適切な治療をすることでいぼを除去し、二次感染を防ぎ、また治療方法により傷痕を小さく綺麗に治すことが出来ます。いぼは一般的には液体窒素による治療が多いですが、他にもレーザーや注射、内服薬による治療があります。液体窒素による除去は保険適用内で治療できますが最近では注射やレーザーでも保険適用される場合があるため、まずは病院にいき診察を受け、治療方針や金額などしっかりと話し合った上で治療に取り組むのが良いです。

自分でも治せる方法

他にも民間療法でいぼを治すことが出来ます。方法としては様々あります。ひまし油や杏仁オイルに重曹を混ぜて塗るとだんだん小さくなり取れたりします。実際の医療現場でもいぼ治療に杏仁オイルは使われています。またはと麦茶を飲むと小さくなりやすくなります。ハトムギはヨクイニンエキスといういぼ治療にも使われる成分を抽出するための原料でもあります。継続的に呑むことで効果が期待できます。また、柚子の種を炒ったものを砕いて椿油にいれて抽出し、いぼに塗る方法もあります。柚子は美肌成分を含むため、美白にも繋がります。また椿油は皮膚を柔軟にし、また保湿効果があります。他にも民間療法だけではなく市販薬でも治していく事ができます。市販薬には塗布するものや貼るもの、内服薬があります。成分にサリチル酸を含むものやヨクイニンエキスを含むものを使うことで効果が期待できます。継続的に塗っていくことで二次感染を防ぐことが出来、時間はかかりますが徐々に治していくことは可能です。民間療法なども良いと思いますが最初からではなくまずは病院で治療し、治療後も維持していくために民間療法など活用することで綺麗な肌を維持することが出来ます。